しらたか人形 花笠

3,850  (Including tax)
3 item(s)
+

白鷹町深山(みやま)地区では、約400年前から「深山和紙」が作られ、米沢藩の御用紙として都でも用いられてきました。

この深山和紙を使って独自に考案した製法で作られているのが「しらたか人形」です。

和紙独特の風合いとぬくもりを感じられるこの人形は、すべてを手作りにこだわるため、同じものは二つとありません。


高さ17㎝×横7㎝×奥行7㎝