盾 上杉謙信公家訓十六ヶ条

6,600  (Including tax)
Out of stock

一、心に物なき時は心広く体 泰(やすらか)なり

(物欲がなければ、心はゆったりとし、体はさわやかである)


一、心に我儘なき時は愛敬失わず

  (気ままな振舞いがなければ、愛嬌を失わない)


一、心に欲なき時は義理を行う

  (無欲であれば、正しい行い、良識な判断ができる)


一、心に私なき時は疑うことなし

  (私心がなければ他人を疑うことがない)


一、心に驕りなき時は人を教う

  (驕り高ぶる心がなければ、はじめて人を諭し教えられる)


一、心に誤りなき時は人を畏れず

  (心にやましい事がなければ、人を畏れない)


一、心に邪見なき時は人を育つる

  (間違った見方がなければ、人が従ってくる)


一、心に貪りなき時は人に諂(へつら)うことなし

  (貪欲な気持ちがなければ、おべっかを使う必要がない)


一、心に怒りなき時は言葉和らかなり

  (おだやかな心である時は、言葉遣いもやわらかである)


一、心に堪忍ある時は事を調う

  (忍耐すれば何事も成就する)


一、心に曇りなき時は心静かなり

  (心がすがすがしい時は、人に対しても穏やかである)


一、心に勇みある時は悔やむことなし

  (勇気を持っておこなえば、悔やむことはない)


一、心賤しからざる時は願い好まず

  (心が豊かであれば、無理な願い事をしない)


一、心に孝行ある時は忠節厚し

  (孝行の心があれば忠節心が深い)


一、心に自慢なき時は人の善を知り

  (うぬぼれない時は、人の長所や良さがわかる)


一、心に迷いなき時は人を咎めず

  (しっかりした信念があれば、人を咎めだてしない)